ニューウェーブ漫画相談室

マニアック目な漫画感想ブログです 読んだ漫画一覧はこちら http://booklog.jp/users/satsuma0122

買いたい新刊漫画まとめ。
来月は多いなぁ。待ちに待ってた作品もちらほら。

09/04『4ジゲン(4)』(にざかな)



『B.B.JOKER』コンビによる、40か月ぶりの新刊。
あんなに原作者と作画の仲悪いのに細々と続いてるなあ。

09/04『亜人ちゃんは語りたい(2)』(ペトス)



最近の人外漫画ブームに乗っかった感ある作品。
他漫画との違いは画面の面白さではなく会話で勝負しようとしてるあたり。

09/04『帝一の國(12)』(古屋 兎丸)



kindleで11巻出たのが最近なのに、もう12巻出るのか。
刊行ペースはえー。

09/07『甘々と稲妻(5)』(雨隠 ギド)



あったか家庭料理ホームドラマ。
私が今、一番楽しみにしている漫画の一つ。超楽しみ。表紙最高過ぎる。

09/08『ベルリンは鐘(2)』(ニャロメロン)



でたな鬼才ニャロメロン。
連載は追ってるんだけどまとめて読めるの楽しみ。

09/08『実は私は(13)』(増田 英二)



チャンピオンの看板ドタバタラブコメ。
12巻で失速感あったが、盛り返せているのか。

09/11『たそがれメモランダム(2)』(田村 茜)



ノスタルジックな雰囲気漂う女子高生日常物。
各話で雰囲気が違って、ちょっと空灰っぽい。

09/14『ヒナまつり(9)』(大武 政夫)



サイキッカーとヤクザによるギャグ漫画。
まさか9巻まで続くとは......

09/23『白馬のお嫁さん(2)』(庄司 創)



産める男子によるSFギャグラブコメ。
SF設定が非常にユニークで作りこまれていて良い。

09/25『WEB版 WORKING!!(3)』(高津 カリノ)



09/25『三月のライオン(11)』(羽海野 チカ)



衝撃のラストだった10巻からどう動いたか。
すげー楽しみだけど、多分電子版は同時発売じゃないな......

09/26『変身!(2)』(横山 旬)



ユニークな絵柄のドタバタコメディ。
いかにもビームらしい。灰汁の強い漫画。

09/27『孤独のグルメ(2)』(久住 昌之/谷口 ジロー)



ホントに出るのか2冊目。
表紙も出てるし、出るんだろうけど。

09/30『トクサツガガガ(4)』(丹羽 庭)



隠れオタクOLによるオタク生態漫画。
刊行ペースはえーよー。

09/30『夕空のクライフイズム(6)』(手原 和憲)



独特のノリの高校サッカー物。
これも刊行ペースはえー。電子版同時に出してくれー。 



 漫画は日本においては最も裾野が広いメディアだと思われる。大手だけでも月刊1000冊程度の単行本が出版されており、加えてインターネット媒体の普及により表現の場はさらに広がっている。膨大な量の漫画が世に出て行っていることは、それだけ多様かつニッチなニーズに対応する作品が生み出されているということでもある。
 ただ、ここで浮上してくる問題として、題材がマニアックなだけでは対象の顧客が手に取ってくれないことが上げられる。まず、根本的に作品の知名度が足らないこともあるだろうし、題材がどストライクだとしてもそれ以外の要素ではじかれる場合もある。少しでも多くの人の目に触れて、届いてほしい顧客へと知れ渡り、一定数の読者を確保しなければならない。さらには、興味がなかった層にも魅力を伝え、潜在的な顧客を増やしていく必要もある。そのためにも、手に取ってもらうための工夫が必要となる。

 今回紹介する作品の題材は「爬虫類飼育」である。学習漫画のような丁寧な描写で爬虫類の生態や飼育方法について説明されている。爬虫類の造形に関する描写も、写実的な絵とキャラクタ化された絵がうまく使い分けられており、興味がない層にも爬虫類の魅力が伝わりやすいように工夫がなされている。

p30
p30より引用 飼育描写は非常に丁寧。

p41
p41より引用 おまけページ。作者が解説するのが学習漫画っぽい。


p90
p90より引用 爬虫類を知らない人にも魅力的な造形描写。

 ただ、爬虫類という題材、一定数の支持者は存在するだろうが、苦手な人はとことん苦手というジャンルと思われる。その苦手な層にも手に取ってもらうための工夫として登場するのが、表紙に描かれているヒロイン、由莉である。大人びて物怖じしない女子小学生という設定の彼女は、シャープな絵柄とキャラクタ造形がマッチして非常に魅力的に描かれている。

p20
p20より引用 ヒロインの由莉。美少女小学生。

 マニアックな題材の作品に美少女をセットで出してキャッチ―にしようとする試みは他の作品でも多数見受けられる。ただ、本作のユニークなところは、メインの題材と美少女を同列として扱い、さらには性癖として比較しながら描かれているところである。
 本作の主人公である裕也は爬虫類性愛(オフィディシズム)である。爬虫類飼育漫画を描くだけなら、ただの爬虫類好きの青年でも設定上良かったはずだが、敢えて特殊性癖とした理由には、同じく特殊性癖であるロリコンと対比させる狙いがある。裕也はオフィディシズムを「特殊な性癖」(p6)と自覚しながら、「俺は俺自身にロリコンじゃないことを証明する!!」(p64)とロリコンであることは否定しようとする。爬虫類の交尾をビデオで撮りながら性的興奮を感じる描写がある一方で、由莉の姿を想像しながら自慰行為にふける場面もある。直接的な性描写を交えつつ、二つの性癖の間で板挟みになっている様子が対比的に描かれている。

p66
p66より引用 由莉が性的に描かれる場面も多い。各話表紙とか。

 対比の極め付けは本作のタイトル『マドンナはガラスケースの中』である。爬虫類と由莉、どちらも過度なスキンシップは禁止である。ガラスケースの中の存在であり、触れてはいけない対象でなければいけない。少なくとも裕也の中では、その線引きがされているはずである。
 由莉も裕也に惹かれていっており、恐らく二人の恋愛物としても物語は進んでいくのであろう。その際に裕也が二つの性癖に対してどのように葛藤し、解決していくかが作品のキモとなる。作者の手腕に期待。

p158
p158より引用 ここだけ見ると、普通の恋愛物っぽい

 (あくまでオタクカルチャーの中において)ロリコンはメジャーなジャンルだが、爬虫類好き(もしくはオフィディシズム)は非常に少数派であろう。本作はマニアックな題材を扱う際により多くの顧客を獲得するため、メジャーな性癖とセットで売るというユニークな方法をとった。ニッチなジャンルを狙う漫画が話題だけで終わらずに継続的に売れるためには、題材だけに胡坐をかかずに、それ相応の工夫をし新規層を開拓する必要がある。


先月の漫画感想総括。

読んだ総数101冊。完全にやりすぎ。高橋留美子にどっぷりハマって、『めぞん一刻』と『らんま1/2』を全巻読んだのが主な原因。すげー幸せだったけど、若干日常生活に支障が出た。もう少し自重しよう。

先月一番面白かったのは『らんま1/2』。ドタバタラブコメディの極地。小学生の頃、キッズステーションで延々とアニメ見てた思い出が蘇る。『めぞん一刻』も素晴らしかったなぁ。最終巻の美しさは筆舌に尽くし難い。

しかし、古い漫画がここまで面白いと、新しい漫画を追う意味が薄れる。が、まぁ若い芽に投資していると思っておこう。古い漫画を知る必要もあるので、今後もバランスよく。

高橋留美子以外だと、藤田和日郎の『ゴーストアンドレディ』が素晴らしかった。こんなにパワー溢れる漫画はなかなかない。新刊で他には、『第三世界の長井』と『バーナード嬢曰く。』も良かった。待ちに待った新刊と、出ると思ってなかった新刊。

新刊以外だと、『私の嫌いなおともだち』と『帰ってきたサチコさん』も良かった。kindle発売がだいぶ遅れた二冊。女性漫画家らしい、繊細な心理描写が良い。雁須磨子はホントに油乗ってる。

以上。来月も良い漫画と出会えますように。




















































 

今月の買いたい漫画まとめ。お盆も漫画読むぞー。 08/04『とんかつDJアゲ太郎(3)』(小山 ゆうじろう/イーピャオ)




早くも3巻のDJクラブカルチャー漫画。時々webで連載追ってるけど、熱い展開が続く。


08/05『中村明日美子コレクションⅠ、Ⅱ コペルニクスの呼吸(1)(2)』(中村 明日美子)




中村明日美子の過去作新装版。kindleで出るなら買いたいなぁ。


08/07『その娘、武蔵(2)』(田中 相)



田中相による部活物。荒削りだったスポーツ描写はどう変異したのか。


08/12『カプチーノ(3)(完)』(菊池 まりこ)



ハルタ連載のスタンダードなラブコメ最終巻。 短くまとめたのは正解。


08/12『ダンジョン飯(2)』(九井 諒子)



皆大好きダンジョン飯。どんな妄想の世界を見せてくれるのか。


08/12『ちはやふる(28)』(末次 由紀)



皆大好き競技かるた漫画。先月発売かと思ってたら今月だった。太一よ、頼むから幸せに。


08/19『恋は光(3)』(秋★枝)



見事な四角関係が形成された秋★枝節前回の恋愛漫画。北代さん頑張れ。


08/19『ゴールデンカムイ(4)』(野田 サトル)



アイヌ少女と不死身の男コンビが繰り広げるサバイバルグルメバイオレンストレジャー漫画。ヒンナヒンナ。


08/22『リューシカ・リューシカ(10)(完)』(安倍 吉俊)



安倍先生によるフルカラー空想少女コミックもめでたく完結。お疲れ様でした。


08/25『WEB版 WORKING!!(2)』(高津 カリノ)



猫組ワーキング二冊目。絵のリテイクが大変そう。懐かしみながら読む。


08/28『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション(3)』(浅野 いにお)



宇宙人攻めてきたけど日常系漫画。そろそろカタルシスの予感。


08/28『白暮のクロニクル(6)』(ゆうき まさみ)



吸血鬼系サスペンス。毎回、設定の妙な説得力に納得させられる。


08/28『富士山さんは思春期(7)』(オジロ マコト)



高身長中学生女子漫画。毎回身もだえるような、たまらん展開を供給してくれる。今回はどうか。

今月も感想まとめます。ツイッターのつぶやき張り付けるだけだけど。

今月は46冊漫画を読んだようです。先月の63冊が異常だっただけで、こんなもんでしょう。

今月は新刊で読みたいものが少なかったので、冒険して色々なジャンルの漫画を買ってみた。 
個人的にヒットしたのは『 たそがれメモランダム』、『アトム ザ・ビギニング』、『弟の夫』、『姉のおなかをふくらませるのは僕』あたり。はずれも多かったけど、いい漫画にも出会えた。

今月のベストは『逃げるは恥だが役に立つ』かなぁ。今月の新刊ではないけど。2巻で買うのをやめてたけど、5巻まで待っててよかった。いいタイミングで一気買いできた。
それ以降は『あれよ星屑』、『ちいさこべえ』あたり。素晴らしい作品は安定して素晴らしい。

とりあえず来月は積読を消費します。先月も言ってたけど。
漫画感想記事も書こう。せめて月一でも。











































 

このページのトップヘ