ニューウェーブ漫画相談室

マニアック目な漫画紹介ブログです。 どういうジャンルを取り扱っているかは、『カテゴリー』の『年間漫画まとめ』を参照頂くとわかりやすいかと。

恥じらいのないキャラの見せ方、『お尻触りたがる人なんなの』(位置原光Z)


 『アナーキー・イン・ザ・JK』でまさかの集英社から商業紙デビューを果たした位置原光Zの新作オムニバス。『楽園』連載作品というのは作風的にしっくりくる。下ネタギャグというほど下品な印象ではない下ネタギャグ。なぜ下品でないかというと、下ネタといっても言葉遊び中心に軽快な会話を楽しむスタイルだからだろう。そんな下ネタセリフ回しを展開していく作風の中で目立つのが、恥じらいのないキャラだ。

『お尻触りたがる人なんなの』_1
本編p53より引用

 本作は24の短編から成っているが、私基準で数えたところでは15の作品に恥じらいのないキャラが出てくる。出てこない作品もワンアイディアのシチュエーションコメディとして面白いが、位置原漫画の特徴といえばこの恥じらわないキャラだろう。前作『アナーキー・イン・ザ・JK』の中に登場する恥じらわないキャラとして、セックス少女(正式名称では勿論ないが、ファンなら多分わかる)が強烈だった。
 恥じらわないキャラは真顔で下ネタを連呼し、周りの人間はそれに困惑、もしくは便乗する。その掛け合いは一般的な感覚からすれば非日常的でナンセンスで、魅力的である。

『お尻触りたがる人なんなの』_3
本編p70より引用
 
 恥じらいのないキャラだけの掛け合いでも漫画は成立する。本作収録の『お嬢様とオレ』などは、登場人物の二人とも恥じらいのないキャラでありコメディとして十分面白い。ただ、位置原作品ではもうひと工夫して、恥じらいのないキャラを際立たせている。それが「恥じらいのないキャラ」と「恥じらい」の対比だ。当たり前のことではある。
 突拍子もない下ネタを話す人物に対して、周囲の常識人が恥じらいを見せてこそ恥じらいのないキャラが際立つ。まぁいわゆるツッコミ的立ち位置だ。
 ただもう一つの対比方法として、恥じらいのない人物が急に恥じらい出す、というものも本作中でいくつか見受けられた。『いい先輩』などはその典型だ。前半は先輩が恥じらいのないキャラとして描かれ後輩が引っ張られる形で会話が進むが、後半になると立場が逆転して後輩が恥じらいのないキャラとなり先輩が困惑する描写となっている。恥じらいのないキャラと恥じらいのギャップがわかりやすく描かれることで、いっそう恥じらいのないキャラが際立つ結果となっている。

『お尻触りたがる人なんなの』_2
本編p109より引用

 ワンアイディアのみで短編が描かれるケースは多々あるが、本作はキャラをうまく使ってアイディアをより魅力的に見せている。大きなはずれのない、クオリティの高いオムニバスだった。位置原先生は兼業漫画家のようで刊行ペースは早くないが、次回作にも期待したい。

今月読んだ漫画感想まとめ(H27.05)

ツイッター感想まとめ。
ブログ更新できないことへの
苦肉の対策その2。
忘備録でもある。

今月は63冊漫画読んだそうですよ。
『ちはやふる』と『うさぎドロップ』一気読みしたのが大きいけど。
どちらにしても異常なペース。ここまできたら突っ走ろう。

今月のベストは『ちはやふる』。
次点は見事完結の『ヴォイニッチホテル』か『とめはねっ』かな。
『波よ聞いてくれ』も今後が非常に楽しみ。
新刊が豊作だった今月。
来月は積読を消費しようと思う。






































読みたい漫画(H27.06)

来月発売の漫画で読みたいもの。
kindle化が遅れるものが多くて、実際は全部読めないけど。
それでも最近は紙と同時発売増えててありがたい。

06/05 『俺と悪魔のブルーズ(5)』(平本アキラ)

まさかの7年ぶりの新巻。
犬に追われてるとこで終わったことしか覚えていない。
 
06/18 『銀の匙 Silver Spoon(13)』(荒川弘)

こちらも連載再開。
ただ連載再開後、また休載してるらしい。
 
06/23 『ヴィンランド・サガ(16)』(幸村誠)

7か月ぶり新刊。結構刊行ペース早いなぁ。
表紙がいつも熱入ってていいなぁ。
 
06/25 『あれよ星屑(3)』(山田三助)

戦後の日本を逞しく生きる人々の物語。
キャラクタが力強くて良い。
 
06/25 『WORKING!!Re:オーダー』(高津カリノ)

ワーキング犬組の後日談。
7月から刊行開始の猫組書籍化も楽しみ。
 
06/26 『アンゴルモア 元寇合戦記(3)』(たかぎ七彦)

1巻で幸村先生が帯で絶賛しててちょっと話題になった戦争物。
全体的に平均点くらいだけど、悪く言えば平々凡々。3巻はどうか。
 
06/27 『りとる・けいおす(2)(完)』(涼川りん)

小学生女子3人による日常ギャグ漫画。
デフォルメされた絵柄が可愛くて好きだったので完結残念。
 
06/30 『トクサツガガガ(3)』(丹羽庭)

特撮オタOLによるオタネタギャグ漫画。
二巻もまだkindle化してなくて読んでない。 早く読みたいなぁ。

「語感」と「リズム」で楽しむ「独特のセリフ回し」、『駄目な石』(平方イコルスン)

一部の漫画好きから多大な支持を得た前作『成程』から2年9か月、平方イコルスンの新刊『駄目な石』が発売された。小説家志望であったというイコルスンの漫画の最大の特徴は、「独特のセリフ回し」と称される登場人物同士のユニークな掛け合いだ。前作今作ともに女子高生や女子大生がだべるだけという内容の短編集となっている。加えて、基本4ページ完結、コマ割りは3段組みのみ、モノローグなどは一切なく会話のみで話が進む、というスタイルは一貫している。非常に極端な構成で、会話シーンを見せることに特化している、という印象を受ける。

イコルスンによる「独特のセリフ回し」を構成する要素の一つは「語感」にある。


『駄目な石』コマ5
『駄目な石』p14

若い女子が主体の物語にもかかわらず、古風な単語を使っての会話が繰り広げられる。普段われわれが日常生活で使わないような言葉は聞きなれない分、響きが面白く感じる。「語感」の面白さもあって、本作の帯には「声に出して読みたいコミックです。」などと書かれている。なるほど、確かに。朗読に向いてそうではある。

ただ、イコルスンの「独特のセリフ回し」のもう一つの特徴として会話の「リズム」があると思われる。 上でも書いたが、イコルスンの漫画は登場人物同士の会話を魅せることに特化しており、画面作りの節々にもそれが見受けられる。

『駄目な石』コマ4
『駄目な石』p33


会話を魅せる工夫として、異常に詰め込まれたセリフ、吹き出しの小分け、吹き出しのコマ跨ぎ、吹き出しの重ね、吹き出しなしのセリフの多様、などが多く見られる。どれも会話の臨場感、リズムを増すための仕掛けである。セリフが全て手書きなことも画面の温かみが増す結果となっており、実際の日常会話の風景を見ているかのような感覚で読むことができる。会話の「リズム」を画面全体で作っているようだ。
以上のような「語感」と「リズム」によってイコルソン漫画の「独特のセリフ回し」は形作られている。それも含めて、朗読に向いてそうである。

会話を魅せるユニークなスタイルを確立しているイコルスン作品だが、セリフを画面に詰め込みすぎて読みにくい印象があった。『成程』の頃は特にその嫌いが強かった。
ただ、最近発表された作品はずいぶん読みやすくなったように感じる。輪郭線を太くしたり、書き文字を大きくしたり、背景を簡略化したりと、読みやすくなるような細やかな工夫がされている。実は、1ページ当たりのセリフの数は『成程』と『駄目な石』で違いはない(前者25.8個/ページ、後者25.3個/ページ)。 話の密度は落とさずに読みやすくする新しいスタイルを形成しつつある。
現在、イコルスンはwebマガジン『トーチweb』にて新作『スペシャル」を連載中だ。同作は作者の初長期連載であり、また画面作りにおいても、3段組みにとらわれない自由なコマ割り、モノローグの挿入、等の新しい取り組みが垣間見える。これからもユニークさはそのままで、読みやすい漫画を描いてもらいたい。イコルスン漫画を一部の漫画好きの界隈に留めておくのは、非常にもったいないと思う。 

買いたい漫画(h27.05)

あんまりにもブログ更新してないので、苦肉の策。自分用メモ。

・『とんかつDJアゲ太郎(2)』(小山ゆうじろう/イーピャオ)

シュール系ギャグかと思いきや、しっかりDJカルチャーを紹介するサブカル漫画。
出落ちにならずに勢いが続くか。
 
 
・『帝一の國(11)』(古屋兎丸)

シリアスな笑い漫画。
帝一が最近情けないので頑張ってほしい。
 
 
・『ばらかもん(11)』(ヨシノサツキ)
ばらかもん(11) (ガンガンコミックスONLINE)
惰性購読。
アニメは無事終わったのかしらん。
 
 
・『ゴールデンカムイ(3)』(野田サトル)
ゴールデンカムイ 3 (ヤングジャンプコミックス)
次世代のヤングジャンプ看板枠。
次は何を食べるのか。
 
 
・『ヴォイニッチホテル(3)』(道満晴明)

9年に渡る連載の末、堂々完結。
道満先生の漫画が読める喜び。
 
 
・『波よ聞いてくれ(1)』(沙村広明)
波よ聞いてくれ(1) (アフタヌーンKC)
沙村その1。
連載してるのは聞いてたが、内容は全く知らない。シリアスなのかギャグなのか。
 
 
・『ベアゲルター(2)』(沙村広明)
ベアゲルター(2): シリウス (シリウスコミックス)
沙村その2。
前の巻の内容で覚えてるのがエクササイズ拷問くらい。読み返さなきゃ。
 
 
・『ヒストリエ(9)』(岩明均)
ヒストリエ(9) (アフタヌーンKC)
ヒストリエ新刊だぞー!
こちらも久しぶりの新刊で、前まで何やってたか覚えてない。読み返そう。
 
 
・『宝石の国(4)』(市川春子)

市川春子の新刊もきたぞー!
表紙のフォスがすごいダンディ。
 
 
・『少女ファイト(12)』(日本橋ヨヲコ)

ヨヲコもきたぞー!毎回限定版の表紙がせこいぞー!
刊行ペース早えーと感じたけど、11か月に一回しか出ていない...私の体感時間の問題だった。
 
 
・『お尻触りたがる人なんなの』(位置原光Z)
お尻触りたがる人なんなの
位置原先生の新刊!
タイトルからもう位置原漫画。マニアックな性癖に期待。
 
 
・『とめはねっ!鈴里高校書道部 (14)』(河合克敏)
とめはねっ!鈴里高校書道部 14 (ヤングサンデーコミックス)
完結!
望月さんが非常に好きなヒロインだったので、どう落としたのか楽しみ。
 
 
・『夕空のクライフイズム(5)』(手原和憲)
夕空のクライフイズム 5 (ビッグコミックス)
kindleでの刊行が遅いので、まだ4巻も読んでないんだよなぁ......
小学館さん、お願いしますよぉ。
 
 
・『それでも町は廻っている(14)』(石黒正数)
それでも町は廻っている 14巻 (ヤングキングコミックス)
5月の締めはそれ町で。
なんという贅沢。 
記事検索
follow me on feedly
follow us in feedly
オススメ新人漫画家
2017年1月

2017年2月

2017年3月

2017年4月

2017年5月

2017年6月

2017年7月

2017年8月

2017年9月

2017年10月

2017年11月

2017年12月

2018年1月

2018年2月

2018年3月

2018年4月

2018年5月

2018年6月

2018年7月

2018年8月

2018年9月

2018年10月

2018年11月



オススメ漫画
2016年1月

2016年2月

2016年3月

2016年4月

2016年5月


2016年6月

2016年7月 
 
2016年8月

2016年9月

2016年10月

2016年11月

2016年12月

2017年1月

2017年2月

2017年3月

2017年4月

2017年5月

2017年6月

2017年7月

2017年8月

2017年9月