ニューウェーブ漫画相談室

マニアック目な漫画紹介ブログです。 どういうジャンルを取り扱っているかは、『カテゴリー』の『年間漫画まとめ』を参照頂くとわかりやすいかと。

他人の妄想、覗いてみよう、『ひきだしにテラリウム』(九井諒子)

 私の持論だが、全ての創作物は作った人間の思想や人格が少なからず反映されているものだと考えている。そのため創作物に触れるという行為は、その製作者に触れる事に近い。製作者の考えている事を共有すること、それが創作物に触れる意義である。

 

 『竜の学校は山の上』、『竜のかわいい七つの子』で人外との交流を日常的に描いて話題を呼んだ九井諒子が、2ページから多くて10ページ前後の短編、ショートショートを描く短編集が本作である。先に挙げた二つの短編集でも遺憾無く発揮された九井の特異な妄想力は、ショートショートという「使い捨て」の場で際限なく膨れ上がったように感じた。日常におけるどんな些細な妄想であってもネタになるのだ。そしてそれは、恐らくだが、九井の世界の見方が我々と違うからだ。

 

 最初に述べた、創作物は創作者の思想の写し鏡である、という持論の話に戻るが、そう考えると創作物の楽しみ方は二通りに分類出来る。共感と発見である。自分も同じ妄想をしていて、同じような妄想から作られた作品に触れる、これが共感。自分が考えもしなかった妄想から作られた創作物に触れる、これが発見。どちらも創作物の楽しみ方として正しい。

 

 では本作はどうか。本作中のショートショートの題材は、ごく日常的な物事となっている。未来の人間から見ると我々の姿はどう見える?ペットとして「飼われている側」って幸福なの?想像上の生き物ってどんな味?など。それらの疑問が九井独特の解釈で漫画へと昇華される。九井の妄想は全てどこか斜め上だ。我々では考え付かないような妄想への答えが描かれ、我々はそのギャップを発見し、共有することを楽しむ。絵柄や表現が非常に巧みな九井の漫画力も合間見会って、突拍子もない妄想をすんなり受け入れる事が出来る。

 

 通常の創作物は、創作者の一つの思想を深く掘りこむ。本作は33編の妄想が詰め込まれている。どれもこれも我々の持っていなかった、新しい妄想の視点を与えてくれる。創作の本質は、相手思想の自分への取り込みにあるのではないだろうか。

異質な世界でも出会いは劇的、『変身のニュース』(宮崎夏次系)

「ボーイミーツガール」、使い古された物語の形である。少年が少女に出会うことで化学反応が起こり、その反応によりストーリーが進んでいく。あまりにもベタな手法だが、ベタは優れているからこそベタになりえる。

 

 宮崎夏次系のデビュー短編集である本作は、どこを切り取っても異質である。やわらかい線から描き出される世界は、画面全体が不安定でつかみどころがない。物語も起伏はあるものの、のらりくらりと進んでいき、最後にはよくわからない場所に着地する。各短編を読み終わった後には狐につままれたような感覚に陥る。しかし不思議と面白い。それはなぜか。物語全体が過剰に思えるほどユニークな技法で塗り固められてはいるが、根底に流れるのは他でもない、「ボーイミーツガール」なのである。

 

 全ての短編の主人公達は、世間からどこかずれている。彼らはずれている自分を認識していて、どうしようもないものだと諦めている。そんな彼らの前に他者が現れる。他者との出会いにより彼らは変わっていく。他人に気を遣いすぎる少年は自分をさらけ出し、自分に自信のない少年は勇気を振り絞り、社会に興味のない少年は社会の中の自分の存在に気づく。彼らは他人との出会いにより変身するのである。

 

いつの時代も人は他者と出会い影響され、劇的な変身を遂げる。その構造が変わらないからこそ「ボーイミーツガール」は廃れない。いつまでも物語のベタであり続ける。

はじめに

漫画感想ブログです。

漫画を読む際に 、ただ漫然と読むのではなく、深く味わいたい。
面白い漫画の感想を、他の人と共有したい。

そんな動機から漫画感想ブログを始めることにします。

日本で発行されるコミックは年一万冊強、その百分の一程度しか私は読んでいません。
全ての漫画を読むことは不可能です。
ただ面白い漫画は世の中に溢れています。

このブログを読む人に、漫画選びの際に少しでも有益な情報を提供出来ればと思います。
どうぞよろしくお願いします。 

※アマゾンアソシエイトについて(2017.01.28追記)
当ブログはアマゾンアソシエイト(アフィリエイト)プログラムを利用しています。
記事に貼ってあるアマゾンのリンクを介して商品を購入すると紹介料が発生する仕組みです。
ご理解頂けますようよろしくお願い致します。

※画像の引用について(2017.01.28追記)
当ブログでは漫画画像を貼ってある記事があります。
基本的には著作権法の引用の範囲内で使用しているつもりですが、
問題がある場合にはブログ記事へのコメント等でお問い合わせ下さい。 
記事検索
follow me on feedly
follow us in feedly
オススメ新人漫画家
2017年1月

2017年2月

2017年3月

2017年4月

2017年5月

2017年6月

2017年7月

2017年8月

2017年9月

2017年10月

2017年11月

2017年12月

2018年1月

2018年2月

2018年3月

2018年4月

2018年5月

2018年6月

2018年7月

2018年8月

2018年9月

2018年10月

2018年11月



オススメ漫画
2016年1月

2016年2月

2016年3月

2016年4月

2016年5月


2016年6月

2016年7月 
 
2016年8月

2016年9月

2016年10月

2016年11月

2016年12月

2017年1月

2017年2月

2017年3月

2017年4月

2017年5月

2017年6月

2017年7月

2017年8月

2017年9月