スクリーンショット (320)_edited


4月読んだ漫画をまとめましょう。 
昨日投稿した『2017.4_読んだ新人漫画家まとめ』とは別物です。
新人に限らず、読んだ漫画のまとめ。 


4月に私が読んだ漫画は72冊。紙の本は1冊だけ(ちなみに『CITY(1)』)。
頑張って読んだなぁ。今のペースでいくと年間855冊。1000冊読める人ホントにすごい。


続いて特に面白かった作品をピックアップ。
まずは、今月発売の作品から。


・『鉄腕アダム(2)』(吾嬬竜孝)

試し読み

心を持ったヒューマノイドが宇宙から飛来する人類の敵と戦う近未来ハードSF。
リアリティのあるテクノロジー描写にワクワク。科学好きにはたまらない作品。


・『メダカくん、さよなら。』(こうのとり昇)

試し読み

メダカやエビなど水槽の中の生物を擬人化したシュールギャグ漫画。
よくある擬人化物かと思いきや、狂気をはらんだギャグは侮れないクオリティ。


・『レイリ(3)』(室井大資/岩明均)

試し読み

戦国の世で死にたがりの少女と大名の息子を描いた歴史物。
有名漫画家コンビがお互いの個性を尊重し合って作品へと昇華させている。


・『宇宙戦艦ティラミス(3)』(宮川サトシ/伊藤亰)

試し読み

シリアスな絵柄と展開の中、庶民的なボケが挟まる宇宙戦艦ギャグ漫画。
アホらしい展開をとことんアホラしく描く姿勢素晴らしい。


・『BEASTARS(2)』(板垣巴留)

試し読み

狼や兎など、様々な種類の動物の獣人が共存する学園を舞台にしたアニマルサスペンス。
思ってた以上に深い世界観掘り下げがあり底が見えない。今後も楽しみ。


・『約束のネバーランド(3)』(白井カイウ/出水ポスカ)

試し読み

ある秘密の隠された孤児院からの脱出を計る天才少年少女を描いたサスペンス。
緊迫感の演出でなかなか盛り上げてくれるが、次の展開をどうするのか。見物。


・『荒ぶる季節の乙女どもよ。(1)』(岡田麿里/絵本奈央)

試し読み

性に振り回される思春期の少女達を描いた物語。
5人の少女達それぞれの性への向き合い方が明確に分けて描かれており良い。


・『青のフラッグ(1)』(KAITO)

試し読み

一筋縄ではいかない恋愛模様を描いた学園青春物。
作画面やコマ割りなど、画面作りが非常に読みやすい。


・『ふうらい姉妹(4)(完)』(長崎ライチ)

試し読み

エレガントでエキセントリックな姉妹を描いたシュール4コマギャグの完結巻。
最後まで笑わしてもらった。今後も長崎先生のギャグを読みたいなぁ。


・『魔王の秘書(1)』(鴨鍋かもつ)

試し読み

魔王に攫われた人質なのに適確に人類を滅ぼそうとする人間の秘書が主人公のコメディ。
魔王軍の福利厚生事情など、メタJRPG的な設定が面白い。


・『うちのクラスの女子がヤバい(3)(完)』(衿沢世衣子)

試し読み

思春期の女子に表れる役に立たない超能力、無用力がテーマの学園青春物語の完結巻。
衿沢先生の描く女子高生は一生懸命青春していて眩しい。素晴らしいなぁ。


・『偶像事変~鳩に悲鳴は聞こえない~(2)』(にんじゃむ)

試し読み

国家を意のままに操ろうとするトップアイドルを描いたクライムサスペンス。
ユニークな少年犯罪者矯正プログラムの設定が面白い。大味ながら構成しっかりしてる。


・『CITY(2)』(あらゐけいいち)

試し読み

ギャグ漫画界の鬼才、あらゐけいいちの最新作が二か月連続刊行。
新境地でも何でもなくいつも通り。安定感素晴らしい。


・『バンデット(2)』(河部真道)

試し読み

鎌倉時代末期を舞台に戦乱に乗じて国盗りを目指す悪党を描いた歴史物。
荒削りながらダイナミックな展開とキャラクタは非常に魅力的。


・『上野さんは不器用(2)』(tugeneko)

試し読み

好きな男子に変な科学道具でエロいアプローチをするも、から回る少女を描いたコメディ。
テンポの良さ、キャラクタの爆発力、言語センス、どれも高水準。


・『干支天使チアラット(2)』(中川ホメオパシー)

試し読み

外道な女子高生が変身して悪と戦う美少女戦士コメディ。
パロネタ、下ネタ、不条理ネタと今作もやりたい放題。流石だ。


・『かよちゃんの荷物 新装版(上)(下)』(雁須磨子)

試し読み

おおざっぱなアラサー女子とその周りの人々の等身大の生活を描いた日常物。
雁須磨子先生らしいみっちり詰まった生活感あふれるキャラの掛け合いが楽しい。


・『重版出来!(9)』(松田奈緒子)

試し読み

漫画に関連する様々なプロフェッショナルを描いた職業物フィクション。
メインキャラである中田先生の行く末に目が離せない。親のような気持ち。


・『響~小説家になる方法~(6)』(柳本光晴)

試し読み

文学を題材に「天才」を描いた純文学エンターテイメント。
マンガ大賞2017を受賞して本編は新展開、ここからが勝負か。


以上、4月発売で面白かった作品。
その中で一番面白かったのは、『上野さんは不器用(2)』(tugeneko)
エロいアプローチをするのに恥ずかしがっちゃう上野さんのキャラクタは素晴らしいし、
軽快なテンポで読みやすいのもポイント高い。


続いて4月発売以外の作品。
こちらは表紙と試し読みリンクのみで失礼。
4月は結構手広く読めてるなぁ。


・『打ち切り漫画家(28)、パパになる。』(富士屋カツヒト)

試し読み

 
・『13月のゆうれい(2)(完)』(高野省)

試し読み

 
・『娘の家出(3)~(5)』(志村貴子)

試し読み

 
・『プリマックス(8)』(柴田ヨクサル/蒼木雅彦)

試し読み

 
・『国民クイズ (上)(下)』(杉元伶一/加藤伸吉)

試し読み

 
・『大砲とスタンプ(2)』(速水螺旋人)

試し読み