スクリーンショット (46)


11月に読んだ新人漫画家さんをまとめます。
自分用備忘録。

※この記事中で扱う新人漫画家の定義は、
「2017年1月1日~2017年12月31日の間に
初商業コミックが発売になった漫画家(Amazon調べ)」
としています。
また、二人以上で描いている場合は、どちらか一方が
上記のレギュレーションに合致すればOKとしています。

今月読んだ新人漫画家作品は計7冊。
これで今年は累計134冊。150冊に乗せれるか微妙なライン。

以下には、読んだ作品の表紙と感想、試し読みリンクを羅列していきます。
個人的なオススメ順に並べていますので参考にして頂ければ幸い。


・『我らコンタクティ』(森田るい)

OLと工員の凸凹コンビが自前ロケットの打ち上げを目指す物語。
絵柄もストーリーもキャラクタも何もかもユニークで素晴らしい。


・『前略 雲の上より(1)』(竹本真/猪乙くろ)
飛行機マニアの上司と一緒に各地の空港へ行くサラリーマンが主人公の物語。
特色ある空港の描写が丁寧で、実際そこに行きたくなる。


・『はじめアルゴリズム』(三原和人)
算数しか知らない小学生が、世界の法則を独自の感性で数学へ落とし込んでいく作品。
大変ユニークで壮大なテーマ。今後上手く物語を回せるか、お手並み拝見。


・『元女神のブログ(1)』(本間実)
元泉の女神やヴァンパイア、人魚の亜人主婦が、人間生活を送る姿を描いた作品。
人間としての生活への不安など、負の感情を描いているのが特徴的。


・『選択のトキ(1)』(群千キリ)
性別が選択できる宇宙人と、その選択権を与えられた男子高校生が主人公の物語。
面白い設定だが、展開の構成力不足でその設定を活かしきれていない。


・『ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画(1)』(インカ帝国)
タイトル通り、ラッパーウィルスが蔓延する日本を描くパニックコメディ。
アホみたいなアイディアだけで勝負している印象。テンポの悪さが目立つ。


・『女子高生にムリヤリ恋させてみた(1)』(苦楽たくる)
宇宙人によりムリヤリ恋愛感情を刺激された女子高生が主人公のラブコメ。
メリハリのない画面と展開、非常に読みにくい。