今年は比較的善戦したんじゃないでしょうか。

私の予想ランキングと実際のランキングは下記画像参照。クリックで拡大。

このマン2019
図 『このマン!2019オトコ編』、予想ランキングと実際のランキング比較

 
実際のランキングの20位までの作品中、予想ランキングに入っていたのは10作品。オンナ編1位の『メタモルフォーゼの縁側』をオトコ編予想に入れちゃってたけど、まぁ『このマン』に選ばれそうな作品を選出できていたという点では評価できるとは思います。


以下、予想ランキングと実際ランキングに関する私の感想をいくつか。

・オトコ編とオンナ編の境界が例年以上に曖昧。オンナ編の中に、特にWEBコミック発の作品なんかで、オトコ編に入れてもいいんじゃないかという作品がチラホラ。オトコ編とオンナ編の区分自体が苦しくなってきている気がする。投票する方々も迷いそう。

・予想ランキングで上位に入れていた作品が実際にもしっかりランクインしてくれていたので、ある程度読みは当たっていたと思う。『呪術廻戦』は鉄板だと思っていたけど50位圏外なの意外。ジャンプ本誌作品が20位以内に1作もないの珍しい。

・『モブ子の恋』『図書館の大魔術師』『水上悟志短編集「放浪世界」』あたりの話題作が50位圏外だったのも意外。私のツイッターTL上で話題だっただけで世間ではそうでもなかった?

・『彼方のアストラ』『終末のワルキューレ』『ザ・ファブル』あたりの話題作は予想ランキングに入れるか迷っていたのでちょっと悔しい。


以上。こんな記事書いといてなんですが、『このマン』ランキングはアンケートによる投票式なので投票者の選ばれ方によっては偏りが出るのも仕方ないです。自分の好きな作品がランクインしたかどうかに拘らず、お祭りだと思って楽しみましょう。