2018まとめ

 2018年の読んだ漫画まとめ記事、その1です。その3くらいまで続く予定。

  私は4年ほど前から完全に電子書籍に移行しており、紙の漫画を手に取る機会も少なくなりました。装丁の美しさという点においては、電書は紙の本には絶対に叶わないのですが、漫画の表紙デザインは引き続き重要な要素となってくるかと思います。下に示す図はkindleのコミックストア(PC版)のスクリーンショットですが、漫画表紙がずらっと並びます。日々大量の漫画が発刊され、過去作も膨大な量がある中で、読者に手に取ってもらうためには印象的な表紙デザインが今後も必要になると考えています。

スクリーンショット (820)
kindleコミックストアのスクリーンショット(2018年12月24日現在)。漫画表紙が雑然と並ぶ。

 本記事では2018年に私が読んだ800冊強の漫画の中で、特に表紙デザインが好きだったものを20作品ピックアップしました(順番はだいたい発売月順)。漫画選びの参考にして頂けますと幸い。皆さんも好きな表紙デザインについて一度考えてみましょう。ツイッターにてハッシュタグも作りましたので(#好きな漫画表紙デザイン2018)、試しに調べてみて下さい。


『彼女は宇宙一』(谷口菜津子)
スクリーンショット (181)

自称「宇宙人」の変な女に振り回される男子を描いた表題作含む短編集。
女性の顔のアップと画面一杯に撒き散らされる大粒の涙が強烈なインパクトがある。


『ニコラのおゆるり魔界紀行(1)』(宮永麻也)
スクリーンショット (201)

魔族が住む魔界に迷い込んだ人間の少女の呑気な冒険を描いたファンタジー作品。
少女が魔界を旅する雰囲気がうまく表現されている。縫ったようなフォントもユニーク。


『欅姉妹の四季(1)』(大槻一翔)
スクリーンショット (184)

バラバラの個性を持った4姉妹の賑やかな日常を描いた作品。
それぞれの個性を躍動感ある動きも交えつつ一つの画面に上手く収めておりお見事。


『月曜日の友達(2)(完)』(阿部共実)
スクリーンショット (33)

中学生になり変わっていく周囲に戸惑う少女と変わり者の少年を描いた作品の完結巻。
タイトルや作者名は最小限に留め、幻想来な作品の雰囲気を前面に押し出した美しい画面。


『雨天の盆栽(2)』(つるかめ)
スクリーンショット (71)

盆栽を愛する女子高生を中心に結成された盆栽部を舞台にした作品。
情報量の多い画面の中で少女3人の存在感がビシッと際立っているのが巧み。


『メランコリア 上』(道満晴明)
スクリーンショット (91)

『ニッケルオデオン』以来3年半ぶりとなる道満晴明ショートショートの新作。
死を感じさせる作品が多い中で葬式のような背景の模様が何とも皮肉めいている。


『無限大の日々』(八木ナガハル)
スクリーンショット (102)

作者がコミティアで発表していた作品を集めたハードSF短編集。
壮大な未知の世界が広がっていることを連想させる一枚絵の迫力が強い。


『みやこ美人夜話』(須藤佑実)
スクリーンショット (280)

京都を舞台に一筋縄ではいかない京女達を描く短編集。
京都っぽい背景の中に佇む艶やかながらも芯の強そうな女性の姿が美しい。


『星明かりグラフィクス(2)』(山本和音)
スクリーンショット (415)

人付き合いが苦手な美大生と人脈作りが得意なその友人というコンビを描く美大物語。
前面に主人公二人、後面に美大学祭の喧騒、と二段構造になった構図がユニーク。


『みっちゃんとアルバート(1)』(森長あやみ)
スクリーンショット (15)

ゆるキャラのようなクマっぽい宇宙人と同居する女子大生との掛け合くコメディ4コマ。
中身は日常ギャグだけどロードムービーのようなカッコいい表紙というギャップが良い。


『おやすみシェヘラザード(1)』(篠房六郎)
スクリーンショット (278)

睡魔を誘う口調で映画紹介をする女子が主人公の映画レビュー寝落ちバ漫画。
作中で紹介されている映画の場面が詰め込まれた画面はカオスな様相。


『夫のちんぽが入らない(1)』(こだま/ゴトウユキコ)
スクリーンショット (440)

タイトル通りの問題を抱えたまま夫婦となった女性が書いたエッセイのコミカライズ。
コマ送りの各挙動が主人公の半生を表しており面白い。ロゴの改行が歪なのもユニーク。


『バジーノイズ(1)』(むつき潤)
スクリーンショット (477)

音楽さえあれば孤独も厭わない青年と彼に目を付けた破天荒な女性が主人公の音楽青春物。
シンプルな構図にワンポイントで背景が写り込む仕掛けがスタイリッシュ。


『培養肉くん(1)』(宮崎夏次系)
スクリーンショット (501)

荒廃した世界を舞台に、小説家男性とその周りのヘンテコな人々を描いた少し不思議物語。
大胆な空白やタイトルより大きい著者名ロゴなど本の中身と同様な妙ちくりんな表紙。


『ベランダは難攻不落のラ・フランス』(衿沢世衣子)
スクリーンショット (507)

イーストプレス社からの刊行は『おかえりピアニカ』以来13年ぶり衿沢世衣子短編集。
インパクトのあるタイトルを前面に押し出したトリッキーなデザイン。


『なんで生きてるかわからない人 和泉澄25歳(1)』(あぬ)
スクリーンショット (607)

タイトル通りの不安を抱えながらフリーターとして働く女性を描いた作品。
明るい外の世界と暗い部屋の中、その間に位置する主人公という比喩表現が秀逸。


『欅のまんが棚』(大槻一翔)
スクリーンショット (691)

『欅姉妹の四季』が話題の大槻先生による、読み切り16編を収録した短編集。
本棚と人物、その他の小物を大胆に配置した構図が面白い。


『世界の終わりに柴犬と』(石原雄)
スクリーンショット (707)

自分以外の人類がいなくなった世界を旅する少女と相棒の喋る柴犬を描く4コマ漫画。
荒廃した世界と澄み渡った青空、女子高生と柴犬という本作要素を詰め込んだ表紙。


『終末の惑星』(大家)
スクリーンショット (725)

間近に迫る小惑星の落下を待つばかりの惑星を舞台にした表題作を含むSF短編集。
モノクロの中で少女のワンピースだけが青く輝いている画面が印象的。


『太陽の塔(1)』(森見登美彦/かしのこおり)
スクリーンショット (811)

自分のことを振った女性を観察する腐れ男子大学生が主人公の青春小説コミカライズ。
背景とロゴ、色使いまで昭和風味。白昼夢のような雰囲気が森見作品らしい。