2018新人まとめ

 2018年の読んだ漫画まとめ記事、その2。新人漫画家編。

※この記事中で扱う新人漫画家の定義は、「2018年1月1日~2018年12月31日の間に初商業コミックが発売になった漫画家(Amazon調べ)」としています。また、二人以上で描いている場合は、どちらか一方が上記のレギュレーションに合致すればOKとしています。

 上述したレギュレーションの「新人漫画家」の中で私がコミックを読んだのは計130人。去年の140人よりは下回りましたが、今年も沢山読めました。

 その中で特にオススメの漫画家さんを20人ピックアップします。新刊点数が多すぎて埋もれていく作家さんも多い昨今の漫画業界、有望な新人さんを繋ぎ止めるためにも皆さん、若い漫画家さんをどんどん開拓していきましょう。その参考にして頂けますと幸いです。


20位 『墓場の沙汰も金しだい!』林あらた


友達がほしい墓守の少女が墓荒らしに来た少年をあの手この手でもてなすコメディ。
キャラクタ設定を活かして展開がテンポよく進むので読みやすい。ラブコメ要素も適度。


19位 『無限大の日々』(八木ナガハル)

作者がコミティアで発表していた作品を集めたハードSF短編集。
魅力的なSFワードに作者独自の解釈を加えて描かれる物語はオンリーワンの世界観。


18位 『リボーンの棋士(1)(2)』(鍋倉夫)

将棋のプロになれなず一度夢を諦めた青年が再び将棋に目覚める姿を描いた物語。
キャラクタ設定とその配置が巧みで上手く物語が転がせる力量が感じられる。


17位 『私のおっとり旦那』木崎アオコ

ネガティブな作者とおっとりな旦那、正反対な夫婦の生活を描いたフルカラーエッセイ漫画。
ツイッターでアップされてたの1ページの日常描写も良いし長編エピソードも心温まる。


16位 『バジーノイズ(1)』(むつき潤)

音楽さえあれば孤独も厭わない青年と彼に目を付けた破天荒な女性が主人公の音楽青春物。
スタイリッシュな絵柄とダウナーなキャラクタ、ポップな画面表現など個性的で良い。


15位 『学校のこども(上)』(下待迎子)

外部入学生が内部進学者に迫害される女学院において外部生のある「秘密」を描いた物語。
「秘密」の存在により虐げられる少女達の心情が上手く演出しており巧みな舞台設定。


14位 『終末の惑星』大家

間近に迫る小惑星の落下を待つばかりの惑星を舞台にした表題作を含むSF短編集。
ストーリーの構成力と魅せたい場面への持って行き方に光るものがある。


13位 『乙女文藝ハッカソン(1)』山田しいた

制限時間付きリレー小説コンテストに挑む女子大生達を描いた作品。
アイディアの出し方や物語の起伏演出など創作のハウツーが興味深い。


12位『いそあそび(1)(2)』(佐藤宏海)

プライドは捨ててない没落社長令嬢を主人公に海辺の田舎町の魅力を描いた作品。
出てくる女の子のキャラが立っていて良い。キャラ造形にもマニアックな拘りを感じる。


11位 『サザンと彗星の少女 上下』(赤瀬由里子)

地球人の青年と巨大なパワーを溜め込んだ少女との冒険を描くスペース・スペクタクル。
水彩絵の具で描かれる画面は配色センスがユニークで鮮やか。太く短いストーリーも良い。


10位 『異世界おじさん(1)』殆ど死んでいる

17年間の異世界生活から現代に帰還した30代男性と甥との共同生活を描いたコメディ。
オタクの世代ギャップネタとぼっち異世界生活ネタの相乗効果が上手く働いている。


9位 『ハコヅメ~交番女子の逆襲~(1)~(4)』(泰三子)

元警察勤務の作者が描く、街の交番に務める女性警察官の勤務の様子を描いたコメディ。
抜けたキャラ同士の掛け合いも挟みながら交番エピソードを面白おかしく描いている。


8位 『極主夫道(1)(2)』(おおのこうすけ)

ヤクザあがりの強面主夫が大真面目に家事に勤しむ様子を描いたコメディ。
パンチの効いた迫力満点の画面を活かしたギャグスタイルに安定感がある。


7位 『神クズ☆アイドル(1)』(いそふらぼん肘樹)

やる気ゼロな男性アイドルと女性トップアイドルの幽霊とのコンビを描いたコメディ。
掛け合いが軽快で楽しい。ちょっとレトロな絵柄やワチャワチャした画面の雰囲気も好み。


6位 『錦糸町ナイトサバイブ(1)』(松田舞)

キャバ嬢になるため上京したちびっ子女性が夜間診療歯科で働き始めるコメディ作品。
可愛らしい絵柄やテンポの良い掛け合い、仕事物とコメディのバランスなど素晴らしい。


5位 『ロジカとラッカセイ(1)』(紀ノ目)

とある惑星を舞台に、ヘンテコな生き物と人間の子供、二人の日々を描いた物語。
コミカルな掛け合いの一方でダークな作品背景が見え隠れするのがたまらない。


4位 『アスペル・カノジョ(1)(2)』(萩本創八/森田蓮次)

同人描きの男のもとに突然転がり込んできたアスペルガー症候群の女性を描いた作品。
主人公の行動はショッキングな場面も多いがリアリティがあり引き込まれる。


3位 『メタモルフォーゼの縁側(1)(2)』(鶴谷香央理)

75歳にしてBL漫画にハマった老婦人とBL好き女子高生との交流を描いた作品。
複数のテーマが奇抜な設定の中にかっちり納まっている。素晴らしい物語の構成力。


2位 『あせとせっけん(1)』(山田金鉄)

汗かきな女性とその女性のにおいから着想を得る男性との関係を描いた社内恋愛物。
大変フェチズム溢れる題材でヒロインが可愛く相手方男性は変態というバランスが良い。


1位 『呪術廻戦(0)~(3)』(芥見下々)

社会に潜む呪いを祓う呪術師達を育成する学校を舞台にしたバトル物。
魅力的なキャラクタやスピード感のある展開など素晴らしい。ジャンプ新鋭最前線。