2019上半期新人

 2019年上半期まとめ記事、全3つ中の1つ目。新人漫画家編。

※この記事中で扱う新人漫画家の定義は、「2019年1月1日~2019年12月31日の間に初商業コミックが発売になった漫画家(Amazon調べ)」としています。また、二人以上で描いている場合は、どちらか一方が上記のレギュレーションに合致すればOKとしています。

 上述したレギュレーションの「新人漫画家」の中で私がコミックを読んだのは計66人。昨年に引き続き年間120人を目標に頑張ります。

 その中で特にオススメの漫画家さんを20人ピックアップします。わかりやすくランキング形式で。漫画好きの皆さん、将来への投資と思って新人漫画家のコミックをどんどん買いましょう。


20位 『うちの妹は顔真っ赤。 ~ゲームライフ365~』(すおしろ)

ゲームしてる最中の感情起伏が激しい女子とそれを眺める周りの人々を描くコメディ。
表情豊かなキャラクタが可愛い。ハイテンションギャグとしてゲームわからなくても楽しい。


19位 『蓬莱トリビュート 中国怪奇幻想選』(鮫島円人)

怪奇を題材とした中国古典を現代風にアレンジした10短編を収録した作品集。
ライトな絵柄とコメディ強めな掛け合いはキャッチ―。現代と古典の構成の違いも興味深い。


18位 『スカイフォール ~消し尽くせぬ夏の光~(1)』(三門ジャクソン)

現代から原爆投下直前の広島にタイムスリップした少年とそこで出会った少女を描く物語。
挑戦的な設定を真正面から描く姿勢は好感が持てるし画面やキャラクタの熱量が強い。


17位 『あーとかうーしか言えない(1)』(近藤笑真)

言語のアウトプットが苦手な新人エロ漫画家の女性と担当編集者のコンビを描く漫画業界物。
漫画家や編集者が拘りを持ってエロ漫画を作り上げる様が臨場感を持って描写されている。


16位 『一日三食絶対食べたい(1)』(久野田ショウ)

氷河期に突入した地球を舞台に過去の遺産を氷の中から掘り出して生活する人々を描く物語。
世界観もユニークだが、何よりキャラクタの駆け足が素っ頓狂で面白い。


15位 『映写室のわかばさん(1)』(青山克己/神田川あゆ)

レトロな映画館にて映写技師として働く一見クールビューティな女性を描いた作品。
ふとした表情が魅力的な主人公のキャラクタ良い。お仕事描写も充実。


14位 『ブラック・テラー』(三堂マツリ)

不気味と隣り合わせな街を舞台に、奇人変人達を描くホラー連作短編集。
喜劇か悲劇、どちらに転ぶかわからない物語はスリリング。ゴシックな絵柄も良い。


13位 『とけだせ!みぞれちゃん(1)(2)』(足袋はなお)

身体が雪で出来た雪女が、暑さで体を溶かしながらも初めて過ごす夏を謳歌するコメディ。
主人公の(文字通り)身体を張ったネタでゴリゴリ押し込んでくる構成良い。


12位 『着たい服がある(1)~(3)』(常喜寝太郎)

長身でキツメの顔立ちながら、ロリータ服に憧れる女性を主人公にした物語。
キャッチ―な題材にストレートなメッセージが乗っておりわかりやすくて良い。


11位 『モノノケソウルフード(1)』(神崎タタミ)

コミュ障なキーボードの青年とそのバンドメンバーを描く大阪飯 x バンド物語。
グルメとバンド物の融合具合良い。関西弁飛び交うガチャガチャした雰囲気も楽しい。


10位 『殺し屋Sのゆらぎ(1)』(舟本絵理歌)

ターゲットの女子高生に惚れて専属ボディガードになった殺し屋男性の日々を描いた作品。
世間ずれした主人公やのんびりしたヒロインのキャラクタと素朴な絵柄がマッチしている。


9位 『琥珀の夢で酔いましょう(1)』(村野真朱/依田温/杉村啓)

京都の客足の少ない小料理屋を男女3人組がクラフトビールで盛り上げようとする物語。
バリエーション豊かなクラフトビールの魅力を上手く紹介している。コメディ感も程よい。


8位 『先輩が忍者だった件(1)』(クサダ)

忍の里を抜けて普通の生活を送る女性と忍者フェチの後輩とを中心に描かれるコメディ。
ドタバタ感溢れるコメディ描写が楽しい。画面作りも安定感あり良いフェチズム。


7位 『プリズムの咲く庭 海島千本短編集』(海鳥千本)

イラストレーター兼漫画家の著者による爽やかな読み味の話が多めのデビュー短編集。
美麗な一枚絵も素晴らしいし、デフォルメによる情報整理やコマ割りも上手く読みやすい。


6位 『有害無罪玩具』(詩野うら)

自分以外の時間が止まった地球で何億年も暇つぶしを続ける女性の話などを収録した短編集。
思考実験を拡張させたようなアイディアが面白い。トリッキーな表現もユニーク。


5位 『レキヨミ(1)』(柴田康平)

エキセントリックな姉としっかり者の妹の獣人姉妹を中心に繰り広げられるコメディ。
ファンタジーな出来事の中にお下劣なネタが入り混じるコメディスタイルは独特な雰囲気。


4位 『銛ガール(1)』(岩国ひろひと)

素潜りで魚を銛で突いて捕まえる「魚突き」に興じる少女達を描いた作品。
初心者が魅力に気づく様子など題材の活かし方が巧み。少女達の関係性の描き方も良い。


3位 『恋煮込み愛つゆだく大盛り』(にくまん子)

セフレ男女の話など、ただれた性の雰囲気が漂うにくまん子先生の商業デビュー短編集。
恋愛における独占欲や優越感など通常なら秘めるべき感情が描写されておりガツンとくる。


2位 『王様ランキング(1)~(4)』(十日草輔)

耳が聞こえず非力な王子が立派な王様を目指して奮闘する姿を描いたファンタジー作品。
拙いながらもデフォルメが効いた絵柄はユニーク。ストーリーも良く練り込まれている。


1位 『踊るリスポーン(1)』(三ヶ嶋犬太朗)

死んでも生き返る不死身の少年と彼を病的に愛する少女との恋愛を描くラブコメディ。
ぶっ飛んだ設定と破天荒なキャラクタを飼い慣らす言葉選びと掛け合いのセンスが光る。