IMG_E0142

 2月に読んだ新人漫画家さんをまとめます。
※この記事中で扱う新人漫画家の定義は、「2020年1月1日~2020年12月31日の間に初商業コミックが発売になった漫画家」としています。また、二人以上で描いている場合は、どちらか一方が上記のレギュレーションに合致すればOKとしています。

 2月読んだ新人漫画家作品は9冊。2020年、100冊目指して頑張ります。

 以下には、読んだ作品の表紙と感想を羅列していきます。個人的なオススメ順に並べていますので参考にして頂ければ幸いです。


『ワンコそばにいる(1)』(路田行)

一人暮らし女性と眠る度に人間と犬の人格が入れ替わる青年との同居生活を描いたコメディ。
ユニークな設定とクレイジーなキャラクタがバッチリ噛み合っており大変楽しい。


『宙に参る(1)』(肋骨凹介)

夫(人間)を亡くした女性(人間)とその息子(ロボット)との宇宙旅行を描いたSF作品。
細部まで作り込まれたSF設定にはリアリティがある。シニカルなキャラクタの掛け合いも素敵。


『中野ブギウギ(1)』(研そうげん)

サブカルの街 中野を舞台に、美大志望の浪人少女と一つ目の変な生物との交流を描く物語。
少女を中心とした周りの人々(と変な生物)のアットホームで賑やかな雰囲気良い。


『ミスターズ~私の町のおじさんたち~(1)』(飛田漱)

進学を期に一人暮らしを始めた女子大生と彼女が出会ったおじさん達との交流を描いた作品。
登場するナイスミドル達が容姿から性格までバリエーション豊か。


『ナイト・アンド・バレット 地上最強主従日誌』(三上敬)

中世ヨーロッパの騎士団を舞台に、天才肌の騎士と彼に陶酔する従者の男を描くコメディ。
ハイテンションな掛け合いが賑やかというかドタバタ感あって良い。


『亜童(1)』(天野雀)

研究施設から逃げ出した不思議な能力を持つ少年と追手達との闘いを描いたSFアクション。
某超有名作品のオマージュと独自性を上手く組み合わせている印象。


『武士スタント逢坂くん!(1)』(ヨコヤマノブオ)

江戸時代からタイムスリップしてきた春画描きの武士が漫画について学ぶコメディ。
濃い絵柄とシュールなギャグスタイルが持ち味。アホらしい出オチ設定を今後どう活かすか。


『すいとーと!(1)』(沖野ユイ)

ジャンクな食べ物が好きな女子大生とその後輩女子が博多グルメを食べ歩く百合グルメ物。
実在の店舗のメニューが作中で紹介されており実際に行ってみたくなる。


『性教育120%(1)』(ほとむら/田滝ききき)

保健体育の教科書よりもう一歩踏み込んだ性教育をする教師とその生徒達を描くコメディ。
テーマ的にもっと性に対する統計データや教養部分の描写を重視して欲しいがやや物足りない。