IMG_E0774

 2020年10月に読んだ新人漫画家さんをまとめます。


※この記事中で扱う新人漫画家の定義は、「2020年1月1日~2020年12月31日の間に初商業コミックが発売になった漫画家」としています。また、二人以上で描いている場合は、どちらか一方が上記のレギュレーションに合致すればOKとしています。

 10月読んだ新人漫画家作品は5人分。ちょっと少な目。2020年度も残り少しなのでラストスパートかけたい。

 以下には、読んだ作品の表紙と感想を羅列していきます。個人的なオススメ順に並べていますので参考にして頂ければ幸いです。


『友達として大好き(1)』(ゆうち巳くみ)

動物的恋愛脳な女子が規則に厳格な堅物男子と「友達」になるため奮闘する物語。
主人公が男子とのやり取りを経て人間的に成長していくストーリー構成素晴らしい。


『Thisコミュニケーション(1)』(六内円栄)

残酷非道な軍人の男と特殊な特性を持つ6人の少女達が人類の敵である怪物と戦う物語。
ユニークな設定とキャラクタ達の尖った個性が上手く噛み合って濃密な読み味。


『ピックアップ(1)(2)』(真鍋昌平/福田博一)

23歳のさえない会社員男性が先輩社員の誘いで「ナンパ塾」に入りナンパテクを磨く物語。
ナンパという題材を通して主人公の自己肯定感が醸成されていくストーリー面白い。


『母性天使マザカルカノン(1)』(一億年惑星)

母性溢れる8歳の少女が悩める人々を助けるため奮闘する4ページギャグ。
登場人物がだいたいダメ人間ながらどこか共感してしまうネタ作り良い。


『歯医者さん、あタってます!(1)』(山崎将)

不動の男と呼ばれるヤクザの男と秘密を抱えた歯科衛生士との奇妙な関係を描くコメディ。
アホな設定でガシガシ攻めるスタイルのギャグは軽快で読みやすい。