図1

  2020年の読んだ漫画まとめ記事、その1。新人漫画家編。

※この記事中で扱う新人漫画家の定義は、「2020年1月1日~2020年12月31日の間に初商業コミックが発売になった漫画家(Amazon調べ)」としています。また、二人以上で描いている場合は、どちらか一方が上記のレギュレーションに合致すればOKとしています。

 上述したレギュレーションの「新人漫画家」の中で私がコミックを読んだのは計83人。2019年の97人から減少。まぁそれでもよく読めた方ではあるかと思います。

 その中で特にオススメの漫画家さんを20人ピックアップします。新刊点数が多すぎて埋もれていく作家さんも多い昨今の漫画業界、有望な新人さんを繋ぎ止めるためにも皆さん、若い漫画家さんをどんどん開拓していきましょう。その参考にして頂けますと幸いです。


20位『夕凪に舞え、僕のリボン(上下)』(黒川裕美)
1980年代の漁村を舞台に女子新体操に出会いのめり込んでいく少年とその家族を描く物語。
やりたいことにひたむきに挑む息子を家族全員でサポートする姿は涙を誘う。


19位『私のジャンルに「神」がいます』(真田つづる)
天才と周りから称される同人二次創作描きを中心に、その周りの人々を描く物語。
オタク全般に対しても共感性が高い内容。負の感情も含めてリアリティがある。


18位『バクちゃん(1)』(増村十七)
夢が枯渇したバクの星から移民として地球にやってきた子供バクを主人公にした物語。
現実の移民の境遇や社会的扱いを他の星の生き物に置き換えて比喩的に描いておりユニーク。


17位『無能の鷹(1)(2)』(はんざき朝未)
仕事出来そうな見た目なのにポンコツな女性会社員を描いたコメディ。
主人公の意図せぬところで周りの人々が救われている構成が上手い具合に機能してる。


16位『ダンピアのおいしい冒険(1)(2)』(トマトスープ)
いわゆる海賊船に乗り込み太平洋を旅する好奇心旺盛な男を主人公にした物語。
デフォルメ効いたユニークな絵柄とスケールの大きな冒険の組み合わせが良い塩梅。


15位『雨の日も神様と相撲を(1)(2)』(城平京/戸賀環)

カエルを神と崇め相撲を価値観の中心に置いた村を舞台にしたミステリ小説コミカライズ。
突拍子もない設定ながら惹き込まれる妙な魅力がある。会話のリズムも非常に心地よい。


14位『オオカミくんは早川さんに勝てない(1)』(はれやまはれぞう)

オオカミの姿に変身できる少年と普段は彼を小馬鹿にする動物好き少女を描くラブコメディ。
主人公二人の関係が着実に変化していくストーリー構成素晴らしい。絵柄も非常にキュート。


13位『プリンタニア・ニッポン(1)』(迷子)

生体プリンタのエラーで出力された謎生物と飼い主の男性との日々を描く近未来日常物。
ゆるいようで人間達が上位存在に管理されるディストピアっぽい舞台設定がユニーク。


12位『あるはずさ、胸の奥に、心のパンが。』(コモンオム)

人間とパンを両親に持つ少年の話など、パンにまつわる5編を収録した短編集。
不条理も堂々としていれば不条理じゃないと言わんばかりのパン狂いっぷり。


11位『趣味のラブホテル(1)(2)』(らぱ☆)

同人作家の女性とふたなり美少女天使が全国各地のユニークなラブホテルを巡っていく物語。
友達以上恋人未満のような主人公二人の関係性が尊い。ラブホテルの豆知識も興味深い。


10位『紛争でしたら八田まで(1)~(4)』(田素弘)

世界中の紛争地に赴き問題を解決する地政学コンサルタントの女性を描いた作品。
民族や文化、地理などの描写に綿密な調査が感じられ知的好奇心をくすぐる内容。


9位『Thisコミュニケーション(1)(2)』(六内円栄)

残酷非道な軍人の男と特殊な特性を持つ6人の少女達が人類の敵である怪物と戦う物語。
ユニークな設定とキャラクタ達の尖った個性が上手く噛み合って濃密な読み味。


8位『友達として大好き(1)』(ゆうち巳くみ)

動物的恋愛脳な女子が規則に厳格な堅物男子と「友達」になるため奮闘する物語。
主人公が男子とのやり取りを経て人間的に成長していくストーリー構成素晴らしい。


7位『スインギンドラゴンタイガーブギ(1)(2)』(灰田高鴻)

戦後の日本を舞台に、姉の想い人を探す少女と彼女が参加するジャズバンドを描く物語。
味のある絵柄と人情味溢れるキャラクタ達がマッチしており雰囲気素晴らしい。


6位『宙に参る(1)』(肋骨凹介)

夫(人間)を亡くした女性(人間)とその息子(ロボット)との宇宙旅行を描いたSF作品。
作り込まれたSF設定にはリアリティがある。シニカルなキャラクタの掛け合いも素敵。


5位『マイ・ブロークン・マリコ』(平庫ワカ)

両親から虐待されて自殺した親友の遺骨を奪い逃走する女性を描く物語。
画面表現が大変力強く心揺さぶられる。単巻で綺麗に収まったストーリーも素晴らしい構成。


4位『デーリィズ(1)』(めごちも)

ヘンテコ女子高生3人組の素っ頓狂なやり取りを描いたギャグ漫画。
3人の役割と個性がかっちり噛み合っており軽快な読み味。打率高めでセンスを感じる。


3位『ワンコそばにいる(1)~(3)(完)』(路田行)

一人暮らし女性と眠る度に人間と犬の人格が入れ替わる青年との同居生活を描いたコメディ。
カオスなキャラ心理などで最後まで読者を安心させないスリリングな作品。


2位『ご飯は私を裏切らない』(heisoku)

社会に適合できずバイトで食いつなぐ極限アラサー女性の食事風景を描く物語。
食事という行為自体を人生の逃避のように捉える主人公の考え方が非常にユニーク。


1位『メダリスト(1)』(つるまいかだ)

気弱な少女と熱血男性コーチのコンビがメダリストを目指すフィギュアスケート物語。
主人公二人の競技に掛ける想いに圧倒される。素晴らしいストーリー構成と漫画表現力。