IMG_1090

 2021年2月読んだ漫画をまとめます。 


 2月に読んだ漫画は62冊。今年も月60冊ペースでぼちぼちやっていきたい。

 読んだ中のオススメ作品をピックアップします。まずは、2月発売だった作品から。


『ゲーミングお嬢様(1)』(大@nani/吉緒もこもこ丸まさお)

「eお嬢様」と呼ばれるお嬢様ゲーマー達の格ゲーを用いた熱き戦いを描いた物語。
お嬢様言葉を駆使した独特の言語センスやお嬢様で溢れかえる異様な世界観がクセになる。


『違国日記(7)』(ヤマシタトモコ)

両親を亡くした少女とその娘を引き取った小説家の叔母との共同生活を描く物語。
作者の考えるメッセージを作品の中に落とし込み演出を通じて読者に伝える力が強い。


『僕の心のヤバイやつ(4)』(桜井のりお)

クラスの中心女子と陰キャラ男子との恋愛を描いたスクールカーストラブコメディ。
両片想いからお互いの好意を認識する段階に移りシチュエーション破壊力は天井知らず。


『潮が舞い子が舞い(5)』(阿部共実)

とある高校の個性豊かなクラスメイト達の交流を描く群像劇。
高校生の少年少女の目線をリアリスティックに描いており眩しいばかりの青春模様。


『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!(19)』(谷川ニコ)

陰気で口の悪い女子高生とその周りのクラスメイト達を描いた青春コメディ。
各キャラクタ達のエピソードも描きつつ、主人公の青春再生が着実に進む。


『ダンジョン飯(10)』(久井諒子)

魔物を調理して食べながらダンジョン深部を目指す冒険者一行を描いたファンタジー。
主人公達のコミカルな掛け合いとシリアスなストーリーが絶妙なバランスで同居している。


『黄泉比良坂レジデンス(1)』(川西ノブヒロ)

冥土を舞台に鬼達の住むタワーマンションで働く人間のメイド3人組を描く物語。
無情なはずの地獄のエピソードをハートフルなストーリーに変換する発想力面白い。


『ライカの星』(吉田真百合)

人工衛星の中で亡くなった宇宙犬の人間に対する復讐劇を描いた表題作を含む短編集。
作者の豊かな感受性と発想力が鮮やかに漫画作品に落とし込まれている。


『【推しの子】(3)』(赤坂アカ/横槍メンゴ)

人気アイドルの隠し子である双子の兄妹がそれぞれの方法で母の足跡をたどる芸能界物語。
芸能界という題材を活かしたお話作り巧み。芸能界の裏事情っぽい描写もそれらしさある。


『友達として大好き(2)』(ゆうち巳くみ)

動物的恋愛脳な女子が規則に厳格な堅物男子と友達になるために奮闘する物語。
主人公が少しずつ社会性を獲得して人間関係が構築されていく様子微笑ましい。


『メダリスト(2)』(つるまいかだ)

気弱な少女と熱血男性コーチのコンビがメダリストを目指すフィギュアスケート物語。
キャラクタの感情を鮮明に伝える表現力の高さは圧巻。キャラクタ表情の強さも素晴らしい。


『九龍ジェネリックロマンス(4)』(眉月じゅん)

九龍城砦を舞台に、不動産会社に勤める女性と同僚男性とのミステリアスな恋を描く物語。
ストーリー上の謎を明らかにしていくペースが丁度良いテンポ。妖艶な絵柄も魅力的。


『あせとせっけん(10)』(山田金鉄)

汗かきがコンプレックスな女性と匂いフェチな男性との恋人関係を描いた物語。
社会人カップルの恋愛物として各ステップが丁寧に描写されており誠実な印象。


『インハンド(5)(完)』(朱戸アオ)

偏屈寄生虫学者が違法治療などの事件に挑む医療サスペンス。
主人公の過去編に丸々一冊使った力の入った完結巻。


『猫が西向きゃ(3)(完)』(漆原友紀)

特定区域の物理現象が変化する奇妙な自然現象の処理を専門にする業者を描く物語。
危ういバランスののんびりした空気感。最終2話の構成が上手く読後感気持ちいい。


『スナックバス江(8)』(フォビドゥン澁川)

老婆とチーママが切り盛りする場末のスナックを舞台にしたギャグ漫画。
仲間内でのゲスな会話をそのまま漫画にした作品。ボケとツッコミの切れ味も鋭い。


『ゴールデンゴールド(8)』(堀尾省太)

金を引き寄せ徐々に人々を狂わせる「福の神」を中心にしたサスペンスホラー。
万能ではないフクノカミ達の能力と人間側の行動、思惑の絡ませ具合が絶妙。


以上が2月発売の漫画。これより先はそれ以外の作品。


『姫乃ちゃんに恋はまだ早い(2)(3)』(ゆずチリ)

想いをよせる同級生に大人ぶってアプローチする小学生女子が主人公のラブコメディ。
ませてはいても子供っぽさは抜けない主人公の空回りっぷりが可愛らしい。


『僕とロボコ(1)(2)』(宮崎周平)

平凡な少年の家にやってきたちょっと変なメイドロボが巻き起こす騒動を描いたギャグ漫画。
各キャラクタの役割がきっちり割り当てられており読みやすい。パロディセンスも良い。